時代のニーズにマッチした超高速凍結機

ZER0-03超高速凍結機(世界最速*株式会社ゼロカラ調査による)は超低温の液体に 商品を漬け込む事により瞬間で凍結する液体凍結機です。

商品の熱を取り去る吸熱と排熱に新しい技術(特許技術)を導入する事により、従来の液冷タイプに比べて熱交換効率が4倍と飛躍的に高くなり、凍結ムラや解凍後の再現性、1時間当たりの生産性、運用コストなどが安くなりました。解凍時の離水現象を抑え素材本来の 姿のままでの提供が可能となりました。

キイストンでは株式会社ゼロカラ様の協力のもと、このZER0-03超高速凍結機を導入の際に使用できる助成金情報とともにご案内します。
※助成金が適用されれば、30~40%の費用負担で導入できます。

製品のポイント

人件費軽減、廃棄食品削減、営業ロス削減。超高品質凍結はマジックを演出します。

5分で
水10ℓが
完全凍結

連続投入での
温度上昇
ほぼなし

定期的な
メンテナンス
も充実

こんな問題を抱えていませんか?

Before

  • どうしても冷凍ムラができてしまう。
    細胞破壊による離水現象が起こる。
    豆腐、トマトなど凍結で劣化する食材がある。
  • 調理に手間がかかり、ピーク時の対応が難しい。
    高騰する人件費が収益を圧迫している。
    生鮮食品の仕入や在庫のコントロールが難しい。
  • 売れ残り商品の廃棄ロスの増大化。
    賞味期限が販路拡大のネックになっている。
    凍結による鮮度劣化への不安がある。
  • ドリップがどうしても出る 。
    一回の凍結量が少なく、非効率。
    凍結に時間がかかり過ぎる。
  • 販売チャンネルが増やせない。
    予想生産のため、廃棄ロス・営業ロスが大きい。
    ブランド価値を高める方法がわからない。

After

  • 熱交換効率を飛躍的に上げる事で、食材の表面から中心迄の凍結スピードが速くなり従来凍結が難しいとされている食材の凍結が可能になりました。
  • 調理時間の大幅短縮、 厨房人件費の削減で、コストメリットが高まります。
  • 賞味期限のある商品の鮮度&美味をそのまま保つ凍結で、マーケティングメリットも。
  • 1時間で200リットルの水を凍結。
    連続使用しても熱交換効率が高い為に液体の温度上昇を最小限にすることが可能に。
  • 通信販売や海外輸出が可能に。
    計画生産が可能になり、 廃棄ロス・営業ロスが最小限に。
    超高品質冷凍品でブランド価値もアップ。

凍結機ごとの解凍後の比較

違いは歴然! 見ればわかります。 味わえば納得です。

従来の凍結機では難しいといわれていた食材も細胞の破壊が非常に少ないため解凍後も凍結前とほぼ変わらない状態で提供することが可能になりました。

テストキッチン予約受付中

実際に高速冷凍した食材を調理した料理を試食していただくことができます。
食材の持ち込み、レシピを献立表の持ち込み、現場調理大歓迎です。

申し込み・問い合わせフォーム


    Q1.ご興味のあるサービスにすべてチェックしてください。

    Q2.お問い合せの内容は?

    Q2でその他を選んだ方は下記にご記入ください。

    ご連絡先をご記入ください。